新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に向けた猶予制度について

新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時に納付することができない場合、税務署に申請すれば、法令の要件を満たすことで、原則として1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められます(国税徴収法第151条の2)。
また、新型コロナウイルス感染症にり患された場合等、個別の事情がある場合は、納税の猶予(国税通則法第46条)が認められる場合もあります。
納税が困難な方は、所轄の税務署(徴収担当)にご相談ください。

詳しくは国税庁HPまたはリーフレット(PDF)をご覧ください。
・国税庁HP
https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu_konnan.htm
新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方には猶予制度があります
 (リーフレット)(PDF)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020.5.29

    【事業者の皆様へ】訪問による相談対応の一部再開のお知らせ

    事業者の皆様へ訪問による相談対応の一部再開のお知らせ新型コロナウイルス感染拡...
  2. 2020.5.25

    6月2日・4日開催(WEBセミナー)「雇用調整助成金! ~誤解しがちな10の質問~」

    6月2日と4日にオンラインセミナーを開催します!今回は緊急特別企画。
  3. 2020.5.21

    令和2年度愛媛県よろず支援拠点コーディネーターの募集について

    公益財団法人えひめ産業振興財団では、令和2年度中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(よろず...
  4. 2020.4.27

    【事業者の皆様へ】訪問による相談対応の自粛のお知らせ

    事業者の皆様へ訪問による相談対応の自粛のお知らせ新型コロナウイルス感...
愛媛県よろず支援拠点フェイスブックページ
愛媛県よろず支援拠点ブログ
えひめ産業振興財団
よろず支援拠点全国本部